比較的安定的なガソリンスタンドでのお仕事

ガソリンスタンドは道路を走っていれば、または歩いていても頻繁に目にすることができる場所です。
電気自動車の普及が叫ばれていますが、ガソリンスタンドはしばらくその姿を消すことはないでしょう。

ですから、働く場所としては比較的安定している業種とも言えます。
ガソリンスタンドで働く場合、どのような仕事をするようになるのでしょうか。
まずは、ガソリンスタンドの仕事の代名詞である給油です。

ガソリンの残量が少なくなった車に対して希望のガソリン、または車に合ったガソリンを補充することを給油と呼びます。
ガソリンスタンドの利用者の多くが、この給油を目的として訪れるので頻繁に行う仕事になります。

給油の間に灰皿の中身を捨てたり窓を拭いたりなどの接客も重要なお仕事になります。
給油をすれば清算をしなければなりません。

お金を貰いレジを通しておつりを渡す。
またはカードで決済をするなど、コンビニやスーパーなどと同じように会計業務もあります。

車が入ってくる時には給油場所に誘導したり、給油し終わったら安全に出発できるように誘導したりなどするところも少なくありません。

これらの業務は基本的には、ガソリンスタンドでの仕事内容になります。
最近では、お客さんが給油などを全て自分で行うセルフ形式のガソリンスタンドも増えてきました。

セルフスタンドでも従業員は働いており、初めての客などに給油の方法などを教えたりしなければなりません。

セルフに共通するその他の仕事としては洗車や点検、タイヤ交換、オイル交換、その他の整備、物品販売なども仕事内容に含まれています。