車検時の悩みについて

車検の切れた車でも車検を受けることはできます。
しかし注意しなければならないのが、車検の切れた車は絶対に運転をしてはいけないということです。

もし車検切れの車を公道で普通に乗り回してしまったら大変なことになります。
点数は大幅に減り罰金、または懲役が科せられるほど重い罪になってしまうのです。
車検が切れた車は多くの場合自賠責保険も切れていると思いますが、まずはこの自賠責保険に加入し直しましょう。

通常は2年間分の24ヵ月の加入でいいのですが、車検が切れてしまった車は25ヵ月の契約で加入することになるので、少々高くなります。

自賠責保険に加入したら、今度はいよいよ車検を受ける工程に入ります。
車検をディーラーで受ける場合、車を受け取りに来てくれるところもあります。

その場合でも運転はできないので、大きなトラックなどに積まれて移動をすることになりますが、そのまま整備や車検を受けられるので便利と言えば便利です。

自分で運転をする場合は、仮ナンバーを付けなければなりません。
これは役所に申請をすることで発行してもらえます。

役所が混んでなければ、すぐに仮ナンバーを受け取ることができるので、先延ばしせずにすぐに実行したいですね。

仮ナンバーは、あくまで仮なので有効期限は数日程度になります。
すぐに車検場などに行くようにしましょう。

車検を通ることができれば、また今までと同じようにその車を運転することができるようになります。

ちなみに車検を行ってくれる業者では、仮ナンバーの取得も代行で行ってくれるところがあるので、自分で色々と行うのが面倒だという人は多少費用がかかります。
面倒をみてもらうのもいいかもしれません。