民間の車検時におけるメリット・デメリット

車検は民間の車検場に依頼をしているという人も多いでしょう。
どの業者や工場もそうなのですが、民間で車検を行う場合にもメリットとデメリットが出てきます。

民間の車検工場というのは、陸運支局に認可を受けた工場で指定工場とも言われることがあります。

この指定工場として、運営することが許されていれば、その工場で車検の全てを行うことが可能になります。

陸運支局の認可を受けるには、それなりのハードルをクリアしなければなりません。
ということは、整備士の質や設備などはかなり整っていると言ってもいいでしょう。
そのレベルは、ディーラーと比べても遜色ない工場も多々存在しています。
しかし、ディーラーほどの費用は請求されないため、ある一定レベル以上の技術と安い料金を両立させたい人は民間の車検場に持ち込むのがいいのではないでしょうか。

しかし、全ての民間車検場で高いレベルの整備を行えるわけではないところも注意が必要です。
中にはあまり対応がよくなかったり、整備内容がいまいちだったりするところもありますからね。

特に世の中にあまり普及していないような車種の自動車を車検に出す場合は、あらゆる車種を取り扱っている民間車検場でも、その自動車に対する知識を十分に持った人がいない可能性があるのです。

よく見かける車種や有名な車種であれば問題はないでしょう。
とは言え外国車であれば、ディーラーよりも民間車検の方がいいのかもしれません。
これは単に料金の面ですが、外国車をディーラーに頼むととても高くつきます。

それなりに流通している車種で、新車などコンディションが悪くない、そして費用をできるだけ安く済ませたいと思う人は民間の車検場に依頼をしてみましょう。